追いついた、と思ったら?

先日、設計事務所の知人から「低炭素住宅化がどうやら建築基準法に組み込まれるぞ」
と連絡が有りました。
「おっ、良い傾向だな」と思い、詳しい説明を受けに事務所へ伺うと「ちょっと問題がある」
と切りだし、講習を受けて来た内容を順に教えてくれた。
まずは、建物の断熱性能の基準を設けることになったそうだ。(当然の事で、弊社はその基準をすでに充たしている)
その次に、今まで住宅の性能評価は、幾通りかがあったが、統一する事に。(問題無い)
最後に、<冷暖房機器の省エネ化を進めるため>と称して、<JIS規格>の商品を使うことを、義務付けるそうだ。
これは、来るべき<TPP>で海外の家電商品や冷暖房システムを導入させないように、意識したものではないだろうか?
せこい官僚の考えそうな事では有る。
しかし、そうなると<エコポイント制度>や<長期優良住宅制度>などと一緒で、海外の
優秀な器具を締め出す結果にもなる。
<自由過ぎる家づくり>も問題だが、<不自由な家づくり>も問題だ。
現在ではまだ、明らかに性能が劣る器具システムを使え、とは情けない話です。

住宅の性能を義務化、法制化することは、欧米先進国並みになる第一歩(レベルはまだ?)
なのだが、冷暖房システムは、何としても最高レベルにしなければいけないのです。
弊社なりに、打開策を考案中です。

さて、先回のブログで渡米するような事を書きましたが、弊社の取引先へ連絡を取ったら
あっさり入手可能な事が解りました。
精力的に動いてくれた先方の社長に感謝です。
結局、大慌てでパスポートを探したり、留守の日程を詰めたりしましたが、全く必要ありませんでした。
全米の住宅関連展示会が開かれた後だったので、余計な無駄骨になるとこでした。
今回の件では、逆に私どものネットワークが思ったより強かったので「ほっ」としました。
先日、設計事務所の知人から「低炭素住宅化がどうやら建築基準法に組み込まれるぞ」
と連絡が有りました。
「おっ、良い傾向だな」と思い、詳しい説明を受けに事務所へ伺うと「ちょっと問題がある」
と切りだし、講習を受けて来た内容を順に教えてくれた。
まずは、建物の断熱性能の基準を設けることになったそうだ。(当然の事で、弊社はその基準をすでに充たしている)
その次に、今まで住宅の性能評価は、幾通りかがあったが、統一する事に。(問題無い)
最後に、<冷暖房機器の省エネ化を進めるため>と称して、<JIS規格>の商品を使うことを、義務付けるそうだ。
これは、来るべき<TPP>で海外の家電商品や冷暖房システムを導入させないように、意識したものではないだろうか?
せこい官僚の考えそうな事では有る。
しかし、そうなると<エコポイント制度>や<長期優良住宅制度>などと一緒で、海外の
優秀な器具を締め出す結果にもなる。
<自由過ぎる家づくり>も問題だが、<不自由な家づくり>も問題だ。
現在ではまだ、明らかに性能が劣る器具システムを使え、とは情けない話です。

住宅の性能を義務化、法制化することは、欧米先進国並みになる第一歩(レベルはまだ?)
なのだが、冷暖房システムは、何としても最高レベルにしなければいけないのです。
弊社なりに、打開策を考案中です。

さて、先回のブログで渡米するような事を書きましたが、弊社の取引先へ連絡を取ったら
あっさり入手可能な事が解りました。
精力的に動いてくれた先方の社長に感謝です。
結局、大慌てでパスポートを探したり、留守の日程を詰めたりしましたが、全く必要ありませんでした。
全米の住宅関連展示会が開かれた後だったので、余計な無駄骨になるとこでした。
今回の件では、逆に私どものネットワークが思ったより強かったので「ほっ」としました。
先日、設計事務所の知人から「低炭素住宅化がどうやら建築基準法に組み込まれるぞ」
と連絡が有りました。
「おっ、良い傾向だな」と思い、詳しい説明を受けに事務所へ伺うと「ちょっと問題がある」
と切りだし、講習を受けて来た内容を順に教えてくれた。
まずは、建物の断熱性能の基準を設けることになったそうだ。(当然の事で、弊社はその基準をすでに充たしている)
その次に、今まで住宅の性能評価は、幾通りかがあったが、統一する事に。(問題無い)
最後に、<冷暖房機器の省エネ化を進めるため>と称して、<JIS規格>の商品を使うことを、義務付けるそうだ。
これは、来るべき<TPP>で海外の家電商品や冷暖房システムを導入させないように、意識したものではないだろうか?
せこい官僚の考えそうな事では有る。
しかし、そうなると<エコポイント制度>や<長期優良住宅制度>などと一緒で、海外の
優秀な器具を締め出す結果にもなる。
<自由過ぎる家づくり>も問題だが、<不自由な家づくり>も問題だ。
現在ではまだ、明らかに性能が劣る器具システムを使え、とは情けない話です。

住宅の性能を義務化、法制化することは、欧米先進国並みになる第一歩(レベルはまだ?)
なのだが、冷暖房システムは、何としても最高レベルにしなければいけないのです。
弊社なりに、打開策を考案中です。

さて、先回のブログで渡米するような事を書きましたが、弊社の取引先へ連絡を取ったら
あっさり入手可能な事が解りました。
精力的に動いてくれた先方の社長に感謝です。
結局、大慌てでパスポートを探したり、留守の日程を詰めたりしましたが、全く必要ありませんでした。
全米の住宅関連展示会が開かれた後だったので、余計な無駄骨になるとこでした。
今回の件では、逆に私どものネットワークが思ったより強かったので「ほっ」としました。
[PR]

by kzhome | 2013-02-15 16:37  

<< 春の訪れ 筆不精 >>