苦行の上海旅行Ⅱ

 見本市会場を後に、建材市場と呼ばれる常設展示場に向かいました。
これがまたすごい! 世界中の住設メーカーや建材が数十店舗のかたまりで、営業しています。一日中掛かっても回りきれない規模で、特に印象的なのは、イタリアのインテリアメーカーが大きなビルの3フロアーをまるごと借り切ってディスプレーしていたことです。 日本には来ていないブランドです。将来だけでなく、現在すでに充分な市場があるのでしょう。
 私の個人的考えでは、日本も住宅、特にマンションはこうした販売、建築方法にすべきだと思います。間取りやインテリアの自由性はもちろん、設備機器の多様性や、世界中のメーカーを選択できます。
 世界には、日本に紹介されていない素晴らしいメーカーや商品がたくさんあります。
                            つづく
e0120059_13205955.jpg

[PR]

by kzhome | 2007-05-07 15:02 | 社長の日記  

<< ガレージショウ 苦行の上海旅行 >>