<   2012年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

見て来ました。(悔しいけれど2)

11月16日に東京の<ビッグサイト>で恒例の<ジャパンホームショー>を
視察する機会があり、いつもは車で行くところを、新幹線で行く事にしました。
そうです、東京駅の晴れ姿を見るチャンスと思い、新幹線にしたのです。
中央口から出たので、あの<ドーム部分>はありません。
本来、JRきっぷでは、東京方面なら新幹線からの乗り継ぎも同じ切符で行ける
のですが、ここは世故さを捨て(ちょっと考えましたけど)一度外観を見ようと。
外へ出ると、周囲は<東京駅>をバックに写真を撮ったり、眺めまわす人で一杯。
中には外国の方々も居ます。
やはり、観光スポットとしても、また日本の玄関口(実際は空港かも知れませんが)
としての威厳もたっぷり感じる見事な建物です。
正面に見える皇居の森や、それらを守るように両脇にそびえる丸ビルと新丸ビルは
まるで現代の鳥居のようです。
或る雑誌に「歩道にある地下の通気口塔が気になる云々」などのコラムが載っていま
したが、私から言わせれば、贅沢の極み、全く問題になる代物では有りませんでした。
振り返って改めて<東京駅>を眺めると、その両脇にあの<ドーム>が見えます。
ステーションホテルは、まだオープンしていないようで、重厚感ある車寄せは閉じて
いましたが、黒塗りのリムジンが乗付けるシーンが目に浮かびます。
ドームは北と南にそれぞれ同じようにシンメトリックに配置されています。
内部に入ると、やはり見学者がいっぱいで、皆さん上を見上げてぐるぐる廻っている。
こちらは、逆にぶつからないようにしなければならず、上を向いてばかりも居られない
報道では解らなかった事が一つ、ドームの下、キャットウォークと呼ぶ、廻り廊下の
さらに下(地上から5m位?)に目立たない様にではあるが、ネットが張ってあった。
おそらくは、天井付近に飾られた<鷲>のオブジェが万が一にも落ちた場合を想定した
安全策(網)なのだろう。
いかにも日本的な感じがした瞬間です。(美観より安全)
そうした<心使い>をする日本人と、経済優先的<原発対応>を見る時、同じ<日本人>
なのか、と?マークを付けたくなるのは、私だけでしょうか?
さて、<悔しいけれど2>の意味は、最近報道されている<名古屋御園座>の再建問題
の解決策が、建物の高層化に依った、旧来型(20世紀型)の方法論であることです。
<御園座>は、30億円程の債務超過(借金が資産を上回る)状態で経営困難に陥って
いるそうですが、それを打開する方法として、高層ビルを建て、テナント収入や分譲マンションなどの収入で、借入を減らし安定経営する構想のようです。
しかし、ビル建設費用と、テナントノウハウを持たない素人経営、分譲マンションに至っては、業者丸投げに頼らざるを得ない、全く他力本願のような再建案では、<絵に描いた
餅>になりかねません。
なにより、<御園座>と言う看板、かつて<芸どころ名古屋>と謳われ、名古屋踊り
や、ド真ん中祭りなど、これからも<文化の発信地>としてがんばろうとするなら、
その中心的役割を担うのは、<御園座>ではないだろうか。
<御園座>の名前から連想するのは歴史であり、文化の香りであり、名古屋文化の顔
といっても過言ではないように思います。
名古屋城のように<公的資金>は使えないかもしれませんが、どんなコンサルティング
会社が付いて<高層ビル化>を薦めているのか。
もしも、本当にビルテナントを集める自信があるなら、東京駅のような<空中権>を廻り
のビルオーナーに売って債務を返済し、あくまで<御園座の名にふさわしい>建物を設計
グッズ関連や、売店、飲食テナントなど、確実に入居と収入が見込める事業だけに特化。
名古屋の新名所になるだけでなく、100年、200年の歴史を刻める建物を期待したい。
東京の<歌舞伎座>は近代的ビルになってしまった。
京都の<歌舞伎座>は、今でも歴史的建物のままだ。
歌舞伎を見るなら<京都>で見たいのは、私だけだろうか。
古いから良い、とは言わないけれど、もし今、東京の歌舞伎座を設計するなら、おそらく
<東京駅の考え方>が影響しただろう、と残念に思う。
[PR]

by kzhome | 2012-11-23 13:42  

二つのお店を造りました。

今年の3月に内海に有る<いちごの里>(いちご狩り)にソフトクリームの
店を造りました。
とっても小さな(9㎡)可愛いソフトクリーム屋さんですが、凝りに凝った
建物になりました。
屋根瓦は、フランス直輸入の天然スレート、水切りは鉛、建物の工期は3週間
しかありませんでしたので、特殊な工法(EPSパネル工法)で躯体を組み、
それでも御施主様のイメージが北欧風(フィンランド)だそうで、外部仕上は
スイス漆喰に木製の破風、鼻隠しで囲み、真冬でも寒くならないように、全面
ペアガラスにて施工しました。(どうしてもK‘zはそうなっちゃうけど)
タイルの前庭、フランス製のテント、洗い出しのアプローチなどなど、建物は
わずか9㎡なのに総工費はウン百万円になってしまいました。
S邸の完成とかぶってましたので、工期の無さに冷や冷やしましたが、何とか
ひと月で終了、4月のオープンに漕ぎつけました。

そして、この10月。
同じオーナー様の<いちごの丘>(豊丘のいちご狩り&ケーキ店)に増築のお話
以前から聞いていたのですが、1年遅れで復活、但し大幅にプランが変わって、
いちご狩りの温室を利用した喫茶コーナーや、冷凍コンテナ内蔵の倉庫やらと、
こちらも僅かな工期に盛り沢山の内容です。
実の事を言うと私は、<いちご狩り>の経験が無いのですが、ガラス張りのハウス
も意外と解放感が有り、そればかりか周囲の景色が眺められ(ここの場合海まで)
天井の高さもあり、(もちろん空が見える)面白い空間になった。
途中、台風に見舞われ、大きなコンテナBOXが吹き飛ぶハプニングがあったが
なんとか本日(11月6日)引き渡しが出来た。
以前に造ったケーキ店は、イタリアの田舎家風で、外壁に自然塗料で着色したり、
腰板やドア、柱などもイタリアンカラーに染め、床はテラコッタ(素焼き風タイル)
だったが、今回は同じイタリアのタイルでも、サンドベージュ風の淡いアースカラー
になり、ドアも腰壁も温室の鉄骨もオフホワイトに塗装、抜けるような青空に見事に
マッチしました。(お施主様の選択)
ハイシーズン(12月~3月)は、これでも満室になるそうです。
12月には、クリスマスロールやケーキも販売するそうですから、よかったらどうぞ。
但し、オープンの9時には行列が出来ているそうですので、事前(7時頃)の整理券
を確保されたほうが、確実だそうです。(羨ましい!)
[PR]

by kzhome | 2012-11-08 13:26