<   2013年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

本当にこれで良いの? つづき

サイディングは、耐火偽装ではありませんが、製品上の欠陥の話です。
5年ほど前まで住宅外装材の90%以上を占める窯業系サイディング(木と粘土を混ぜ熱処理した板)は、厚み<12ミリ>が殆どでした。
海外でもサイディングは使われており、厚みで言えば<9ミリ>などが主流です。
では、何が問題か?
答えは、その使い方にあります。
海外でサイディングを使う場合、多くは下から順番に重ねて張る「ラップサイディング」
という手法が一般的なのです。
下から順番に張る上、重ね代がありますから、間違っても雨漏りすることはありません。
但し、デザイン的には、日本で言う「下見板張り」スタイルに限られてしまいます。
張り手間も掛かるし、好みが限られる為考え出されたのが、日本流サイディング。
サイディングの板を僅かな「実」(さね)と呼ぶ構造にして繋ぎ合わせ、凹凸無しに張る事にしたのです。
そうする事で、表面をタイル状にしたり、石目柄にしたり、様々な模様が可能になった。
ところが、木質繊維が含まれていたり、熱処理が甘かったりするのか、張り終わった後から変形する事例が続出。
縦張りならまだしも、横張り(横に目地が来る張り方)で変形すると、たちまち水漏れが起きて、壁の内側に雨水が流れ込んでしまうのです。
目地の隙間を<コーキング>と呼ぶ「シリコン樹脂」を充填するのですが、シリコンの耐用年数は、室内では10年以上持っても、屋外、特に紫外線に当たると3年程度でヒビ割れてしまいます。
壁のつなぎ目のヒビなどよく見ないと判りませんから、漏水していても気が付きません。
室内が何となくかび臭くなってきた時は、すでに構造材や断熱材も腐っている状態です。
30年ぐらい前から木造住宅の外装材としてほぼ独占的な地位をしめていた<サイディング>は、実は耐用年数3年以内の欠陥商品だったのです。
私も自宅を含め初期の家づくりは、<サイディング>でした。
15年ほど前、この問題に気付きそれ以降ラップスタイル(下見板張り)か縦張りしか採用しなかったのですが、縦張りにも問題が発生(目地が大きく開いてしまう)。
サイディングは使わなくなりました。
サイディングを使うと簡単に<防火認定>が取れるし、工期も材料費も節約出来る。
ローコスト住宅には、必須と言って良いほどの建材だった。
しかし、僅か3年で雨漏れの危険性があり、10年以上外壁の塗装をしなければ必ずと言って良いほど問題が出る材料を30年間売り続けてきたのです。
そして、驚くべきはその事実を一切公表することなく、5年前に突然、<ある学者>が「日本の外壁材は重みが足りない」とのたまって、もっと厚くするよう提案。
これを受けた形で???各製造メーカーは一斉に12ミリを止め、14ミリ、16ミリに規格を変更しました。(もちろん価格も上がりました)
未だかつて、学者の一言で製造規格を一斉に変えた物など日本には存在しません。
そうです。日本初の大事件でした
しかし、この場合もマスコミもメディアも一切騒がず、国民には何も伝えられないまま
新築住宅の外壁規格が変わったのです。
どうやら、12ミリでいくら工夫しても、変形を止められず、14ミリなら何とかなると確証を得たので、秘密裡に12ミリを止め、14ミリにする必要に迫られたメーカーが<一芝居打った>と勘繰るのは私だけでしょうか?
<製品に欠陥が有る>となったら、過去30年分の外壁の補償をしなければならなくなり、倒産は必至、ハウスメーカーも保険会社も危うくなる話です。
あまりに事態が大きすぎると騒げない、いい例?でしょうか。

サッシと言い、サイディングと言い、内需型の業者は世界の目に晒されない為か、<好き放題にやっている>としか思えません。
[PR]

by kzhome | 2013-05-30 09:49  

本当にこれで良いの?

平成25年、花粉症の上に寒暖アレルギーの私にとって、今年ほど苦しんだ年は珍しいです。
本来、杉花粉のみの花粉症症状も、やれ<黄砂>だ<PM2.5>だ<寒暖差>だと、次から次へ襲ってくる鼻攻撃に、私の繊細な鼻腔は涙を流していました。
ブログを書く気分にもなれず、一体何時まで続くのだろう、と途方にくれていました。
先週になって気温が急上昇、とうとう真夏日(30°以上)になった途端、嘘のように楽になりました。
さて、愚痴はこれぐらいにして、今日の本題。
まずはサッシ業界のお話。
国民の皆さんにひた隠しにしているサッシ業界の怖い話を一つ。
皆さんはサッシに<防火認定品>と言う物があることをご存じでしょうか?
<防火認定>とは、国土交通省が認めた<防火及び準防火地域に使用しても良い製品>の事です。
<防火地域>とは、行政が決める<特に延焼を防ぐ必要のある場所>です。
例えば<準防火地域>、名古屋市の住宅地などは、ほぼ全域がこれに当たります。
知多半島でも半田市の中心地、名鉄とJRの線路沿いが概ねこれに該当します。
半田市の場合、その他の地域で住宅地は<22条地域>と言って、若干緩い防火基準になっています。
その<防火認定>を取っていたはずのアルミサッシが、実は<虚偽>だったのです。
本来ならマスコミやメディアが取り上げ、大問題になっても良いはずのこの話。
発生から3年近く経っても、一向に騒がれる様子がありません。
では、どんな話か?
アルミサッシの業界は、アルミ二ゥム製錬を国策として戦後の日本の屋台骨の一つでした。
官僚ともたれ合い、様々な無理を通して本来必要のない<室内建具>までアルミで生産、
結局は、日本人の魂である<手仕事>「指物師」を失ってしまったのです。
まァ、それはともかく、そのもたれ合い業界(日本アルミ工業会は天下りの受け皿)が仕切ってきた<防火認定許可証>が国交省の抜き打ち検査を受けた結果、現在使われているすべてのアルミサッシが<不合格>という、とんでもない事になってしまいました。
この構図は、5年前に不燃材認定を受けていた外装材が性能偽装した事と重なります。アスベストの製造禁止を受けてアスベスト工業会は代替品に苦慮し、偽装したのです。
そのからくりは、<アルミ工業会>が委託されていた耐火試験の実験を、実際に売り出している製品とは全く別の<試験用製品>を造り(つまり偽造)許可を取っていた。
そして、驚くべきことにその後約3年間、<耐火試験>に合格出来る製品を作ることが出来なかった為、従来の<不合格品>を使い続けていることです。
不合格と知りつつ通す<建築確認>、不合格と知りつつ売るメーカー。
そして建築会社(工務店はもとより、ハウスメーカーは全て承知)も同じでしょう。
今、新規のサッシを耐火試験することが出来ない状態だそうです。
全てのサッシメーカーが試験を受ける為、日本に一か所しかない試験場は予約で満杯なのだそうです。喜劇のようですが、日本の悲劇に他なりません。
防火地域で火災があったとして、延焼があったら保険会社はどうするでしょう?
素直に払うか、サッシメーカーに損害賠償を訴えるか、企業同士庇い合いうやむやに?
不燃板の場合は、ハウスメーカーなどは、製造メーカーに損害賠償させて現場対応しましたけど。

ここに面白い実験結果を伝えておきます。
耐火試験に合格しようとガラスも防火ガラスにしてアルミサッシで持ち込んだ結果。
開始僅か3分でガラスは跡形もなく破裂アルミのフレームはぐにゃり、社員はがっくり。
樹脂サッシを試験したところ、800°以上の炎に15分以上耐え、20分耐火に後一歩でガラスが割れたそうです。
22条地域では、サッシの防火認定は必要ありませんが、樹脂サッシがかなりの耐火性を保持していることが、図らずも実証されたのです。

いずれにしても、防火地域に本来必要な性能を持たない家が建っていることは間違いありません。

耐火偽装サッシのお話はここまで。
次は、サイディングのお話。
[PR]

by kzhome | 2013-05-25 08:27